RSS | ATOM | SEARCH
任天堂もスマホゲームへ
もはや任天堂といえども、スマホゲームに参入をせざるを得ない状況になった。

昔は天下を取った会社ではあるが、近年は下降線をたどり、路頭に迷う状況が続いていた。

そして、重い腰を上げた決断が、スマホゲームへの参入だ。

別にこれが良いのか悪いのかは別として、家庭用ゲーム機のピークはとっくに過ぎているため、新しい利益の出るものがなければ会社としては厳しい。

色々と手を打ってはいるのだろう。

だが、いずれも囲い込みできるものではなく、ことごとく失敗していると言って問題ないだろう。

そこで一番手っ取り早いのが、このスマホゲームへの参入だ。

スマホを持っていない人を探す方が難しい時代である。

子供ですらスマホを持っているような時代。

これだけユーザーが確保されているのであるから、マーケットしては非常に魅力的だ。

無料ゲームでユーザーを囲み、イベントなどで魅力のあるものを用意し課金をさせることで、簡単に莫大な利益を何度も生むことができる。

ただ、今はこの流れが企業としても利益の出るものかもしれないが、今後を考えるといつまで続くのかは不透明である。

一時的には利益を上げれるかもしれないが、スマホゲームのみに目を当てていると、また同じ過ちを繰り返すだろう。
author:スコールズ, category:任天堂, 13:04
-, -, - -