RSS | ATOM | SEARCH
今後の見通しはドコモ・auではなく、ソフトバンクが圧勝するのではないか。
今回は少し違った見かたをしてみたいと思う。
もちろん、内容がゲームも入ってくるため、この点はぶれないはずだ。

さて、最近ドコモが純契約数が1位になるなど、国内でのdocomoの巻き返しが話題となっている。
おそらくだが、今後もこの流れが続くと思われるが、実はソフトバンクの動きもかなり怪しい。

というのは、ソフトバンクの店舗が減ってきている・・・という内容だ。

ソフトバンクのノルマに達せられなかった店舗には、インセンティブが削減されるという内容が話題となっている。

このインセンティブがつまりsoftbankから支払われるお金が減るため、店舗を維持するのが難しく、その結果店舗が激減する・・・という見方である。

そもそも、昔から言われている話であるため、実は「ああ、またか」という程度である。

店舗が減ってユーザーが購入しにくいなどのデメリットがあるなら、MNPで他社に移ればいいだけであり、実際にソフトバンクユーザーの多くはiPhoneである。

今は全てのキャリアが販売しているため、そう悩むことではないだろうし、お帰りキャンペーンや乗換キャンペーンなどを常に行っているため、ソフトバンクに強い思いがある方以外は、悩むことはないだろう。

さて、本題は実はここではない。

あくまでも私個人の考えだが、ソフトバンクはすでに日本市場に何の魅力も感じていないと思われる。
いや、ソフトバンクではなく、孫正義が・・・である。

最近の動向を見ると、米携帯電話3位のスプリント・ネクステルの買収をし、さらにはフィンランドの人気スマホゲームを配信しているスーパーセルを買収している。

SUPERCELL(スーパーセル)が出しているゲームは非常に少ないが、世界中で大ヒットしている「Hay Day(ヘイ・デイ)」「Clash of Clans(クラッシュ・オブ・クランズ)」を抱えているゲーム会社である。

さらには孫社長の弟が経営するガンホー・オンライン・エンターテイメントを完全子会社するなど、携帯よりもスマホアプリのビジネスに力を入れているのではないかと推測できる。

ハッキリ言って、私もこの考え方には賛成である。

国内の人口は今後もどんどん減少傾向にあり、日本だけの収益は今後下がっていくことが予想される。

ドコモやauはこの点、あくまでも国内のみにこだわっているように感じており、1強2弱の関係になるのではないかと予想している。

もちろん、今後ドコモやauが巻き返しを図る可能性は十分あるが、現状ではこうなるのではないかと思う。

ただし、国内のみの携帯で考えれば、ドコモ>au>ソフトバンクという図式になると思われる。

数年先を考えれば、ソフトバンクの行動は非常に賢いのではないかと評価できるが、できればドコモとauにも頑張ってもらいたいというのが本音である。

あくまでも個人的な推測ではあるが、今後の推移を見守っていきたいと思う。
author:スコールズ, category:-, 17:46
-, -, - -
PS4の売れ行きが好調!海外では賛辞の声が多くソーシャルな部分が的中!
まず最初に謝らなければならない。
私はPS4は迷走していると明言したからだ。

まさかこれほどまでに販売されるとは正直全く思っていなかった。

スマホの影響が大きいとは思うが、今の人にとってオンラインの壁はなく、またソーシャルに対応していることで、気軽にコミュニケーションなどをとれるのが大きい。

ツイッターやフェイスブックと簡単に直結できるのは・・・今の時代なのだろう。

つまり、家庭用ゲーム機という概念ではなく、「常に誰かと繋がれる」という部分が、今の時代にウケる最低限の条件なのだろう。

昔のように誰かの家で家庭用ゲーム機をする人は減ってしまったが、その代わり常にネットで繋がることができるのであれば、これはこれでいいのかもしれない。

ただし、簡単に繋がれるようになったことで、人と人とのコミュニケーションが軽い付き合い程度になった気がする。

PS4から離れてしまったが、とにかくソニーが予想している以上の、いやそれ以上の勢いで販売されているゲーム機であるため、今後はどのようなゲームが登場するのかが注目である。

かつてのソニー王国がまた戻ってくるかもしれない。

最後になるが、プレーステーション4が売れないと言ってしまい、誠に申し訳ない。
author:スコールズ, category:PS4, 11:11
-, -, - -
ヘイ・デイ (Hay Day)iPhoneアプリ 世界中で人気の新感覚農業ゲーム

世界中で人気の農業ゲームと言えば、このヘイ・デイだろう。
今流行りのド派手なバトルや美麗なキャラとはうって変わり、のほほんとした農場ライフである。

操作性もいたってシンプルであり、難しいと感じることはないだろう。

一見これだけをみると、何故世界中で流行っているのかわからないと思うが、実は私もわからない。

百聞は一見の如かず。

とにかく自分でプレイしなければ批判や評価はできないため、ダウンロードしてプレイをしてみた。

それから2週間が過ぎようか、いまだにプレイしている。

今までやったことがあるゲームで近いと言えば、牧場物語が近いのかもしれない。
とにかく時間つぶしにもなり、ガッツリ楽しむこともできる。

ただ、バッテリーの消耗が激しいため、その点は注意だ。

レベルアップにより作物や動物を増やすことができ、世界中のプレイヤーが販売している農作物を購入することもできる。
もちろん、自分が作ったものを販売することも可能だ。

操作はスワイプでできるため、面倒な連打作業はない。
iPhoneの画面を連打するのは手が痛いし、疲れる。
ゲームされている方ならわかるかもしれないが、たまに「親指がやばい!」と感じることがある。
そのため、できれば連打するアプリはあまりしたくない。

Hay Dayはその連打はないし、全体的に洗練された作品だと感じた。

author:スコールズ, category:-, 01:20
-, -, - -